会社定款作成センター 本文へジャンプ

会社の電子定款作成は、
私にお任せ下さい!



お問い合わせ・ご相談は
048−650−5139
もしくは
無料メールフォーム
までお気軽に!
会社の定款って?

会社の組織・活動を定めた根本規則のことで、簡単にいうと会社のルールを決めた「会社の憲法」と言われるものです。


定款の記載事項は、その法的効力によって、絶対的記載事項・相対的記載事項・任意的記載事項に分けられます。

<絶対的記載事項>
定款にかならず記載しなければならない事項で、その一つの記載を欠いても定款全体が無効となるもの(会社法27条)。(1)会社の目的、(2)商号、(3)本店所在地、(4)設立に際して出資される財産の価額またはその最低額、(5)発起人の氏名および住所、(6)発行可能株式総数があります。なお、発行可能株式総数(いわゆる授権株式数)は、定款作成時に定める必要はなく、設立手続完了時までに定款で定めればよいとされています。


<相対的記載事項>
定款に記載しなくても定款自体の効力には影響はないが、記載しなければその事項について法律上の効力を生じないものを指します。代表的なものには公告方法と変態設立事項があります。

〔1〕公告方法 (1)官報に掲載する方法、(2)日刊新聞紙に掲載する方法、(3)電子公告のいずれかを定款で定めることができます。定款で定めないと官報に掲載する方法をとることになります。

〔2〕変態設立事項 「危険な約束」とよばれるものであり、具体的には、(1)現物出資、(2)財産引受け、(3)発起人の報酬・特別利益、(4)設立費用があります。これらの変態設立事項は、会社の財産的基礎を害するおそれがあるため、原始定款の相対的記載事項とされ、原則として裁判所が選任する検査役の調査を受けることを要し、そこで不当と認められた場合には裁判所または創立総会において変更されまs。


<任意的記載事項>
単に定款に記載しうるにすぎない事項のことを指します。株式会社の本質、強行法規に反しない限り、任意の事項を記載できます。


    Copyright(C)会社定款作成センター